2017年夏のトッププロジェクターレビュー

プロジェクター市場では、ビジネスや家庭のエンターテイメント環境に提供できる機能が増えてきています。 ほぼ毎月のように技術的改善がされており、今日のプロジェクターは、ほんの数年前に覚えていたものからはかけ離れたものとなっています。

この急速な変化とオプションの多様性によって、ニーズに合った適切なモデルを見つけるのが困難になることがあります。特に、特定の機能で最高のパフォーマンスを発揮するように設定されている機種がありますので、プロジェクターで何をしたいのか、プロジェクターに何を期待するのかを知る必要があります。

プロジェクターで何をしたいのかが解ったら、以下の2017年夏市場のトッププロジェクターをご覧ください。

OPTOMA ZU850
このモデルは春の終わりに発売されました。前身のモデルと競合モデルに比べて、OptomaがMultiColor Laser技術と呼ぶものなどの多くの劇的な改良が施されています。 また、あなたがまさに必要とする画像を投影するのに役立つ100以上の設定があり、最も明るい設定をしても20,000時間の電球寿命があります。

SONY VPL-VZ1000ES

Sonyのこの4Kモデルは、2500ルーメンと60フレーム/秒のビデオ性能を有し、ホームシアターで高解像度の画像を投影できます。市場には4Kのプロジェクターがたくさんありますが、Sonyは信頼できるブランドで、このモデルはおそらく価格的に、リビングルームでホームシアターを体験できる機種を探している人にとって最も価値があるでしょう。

BENQ X12000

BenQにも完全な4K画質を提供できる素晴らしいプロジェクターがあります。なんと830万色のカラーピクセルがあり、最高の映画技術を備えています 。 価格は安くありませんが、あなたが本当の映画愛好家なら、見たいと思っていたとおりに映画を見ることができる機種です。

VIEWSONIC PJD7720HD
優れた画質のために多くのお金を費やす必要はありません。このViewSonicの機種は、上記の2機種と全く同じ品質ではないにしても、フルHDの解像度を提供します。 また、ほとんどの部屋で十分に明るく投影できる3200ルーメンの明るさがあります。 比較的低価格帯といっても、何かが欠けているわけではありません。プロジェクターを初めて購入する方にも最適な機種です。

プロジェクター用の交換ランプが必要な際は、MyProjectorLamps(http://www.mplamps.co.jp)へぜひお越しください! 私たちは北米で最大の品ぞろえを誇り、低価格で高品質の交換用ランプを提供しています。 お客様のご来店をお待ちしております!

結婚式やパーティーでスライドショーをするためのおすすめプロジェクター

大規模な誕生日パーティーや結婚式では、家族の写真を大きく表示して、よりパーソナルな雰囲気を出すことができます。この種のイベントでは待ち時間が長いことが多いため、ほっこりしたり、面白い写真の混在するスライドショーは、出席している友人や家族が時間を過ごす間に見たり、会話を誘発したりするのに役に立ちます。

結婚式のレセプションで、式の様子を投影することもできます。プロのカメラマンがサービスの一環として提供する場合は、特に素晴らしい写真を高画質で大画面に投影することができます。

結婚式やパーティーでスライドショーをするのに必要なプロジェクターの機能をご紹介します。

明るさ – プロジェクターを購入する際に常に考慮する必要のあるのは、その明るさです。使用する部屋によって周囲光がある場合は、プロジェクターの明るさが十分でないと写真がぼやけて見えづらく、効果的に投影することができません。
パーティーの最中に、スライドショーをサイドアトラクションとして使用する場合は、部屋を明るく保つことになるため、要件を満たすために少なくとも5000ルーメンの明るさが必要になります。

接続性‐同日に撮影された結婚式の写真を投影する場合は、プロジェクターに画像を保存したデバイスが接続できるかを調べる必要があります。カメラを接続するのか、パソコンやフラッシュメモリー、MacBook、タブレットを接続するのかによって接続が異なります。

画質‐プロジェクターによって長所と短所がありますので、ビデオやゲーム、情報やデータ表示する能力よりも、写真の品質を重視した機種を探すとよいでしょう。映画が壮大に投影できても、子供のころの写真がきれいに見えなければ意味がありません。

電球の寿命と冷却ファン‐スライドショーをイベント中にずっと投影し続けるなら、プロジェクターを午後中使用することになります。イベントの最中にオーバーヒートや電球の球切れのないようにする必要があります。ランプ寿命の長いもの、そして冷却ファンのノイズの少ないものを選びましょう。

イベントでどのプロジェクターを使用するにしても、交換用のランプを念のためにMyProjectorLamps(http://www.mplamps.co.jp)で用意しておきましょう。
低価格で高品質の交換用ランプを最大の品ぞろえでご提供しています。今すぐお買い求めください!

大きな講演会や会議に最適なプロジェクター

会議とプロジェクターは切っても切れない縁です。広い会場で行われる講演会や会議などでは観客の視点を集めるための視覚要素が当然のように必要になります。大きな部屋に座って、何百人もの観客の前で何人もの講演者が話す場合は、プロジェクターの出番です!

視覚要素を作る際には、ホールや会議室の大きさを考慮に入れる必要があります。大規模の講演会や会議に適した、高画質で大きく投影できるプロジェクターをご紹介します。

BENQ MH741

このプロジェクターはビジネス市場で販売することを目的としたものですが、パワーと柔軟性がありますのでビデオやゲームにも使用でき、そのビデオ機能は会議にも最適です。 明るさが4000ルーメンありますので、どんな部屋に利用しても、まず期待を裏切ることはありません。ビデオだけでなくデータや画像の表示にも適しており、文字も鮮明に投影できます。会場の観客は皆問題なくあなたの投影したい画像を見ることができるでしょう。 

EPSON EX7235 PRO

自分の機器を持って、常に大きな部屋を行ったり来たりするような場合は、このEpsonの機種が持ち運び用のバッグがついてぴったりです。重すぎず、画質を犠牲にすることなく、スッキリとしたコンパクトな形です。3000ルーメンの明るさですので、会場の暗さをそれほど心配する必要がなく、接続も容易です。プレミアムモデルではないかもしれませんが、これよりも良いモデルを探すのは難しいでしょう。

VIEWSONIC PRO8520HD

広い会議室では、自然光が差し込んで思ったように暗くすることが困難な場合があります。そのような場合には、明るさを出すのにパワーの相当に強いプロジェクターが必要になります。このViewSonicのモデルは 5000ルーメンあり、ほとんどの強さの自然光に対抗して、完ぺきな画質を投影できる明るさがあります。他の機種に比べると若干ノイズがありますので、声を大きくしないといけない可能性がありますが、他の長所が優れておりこの点をカバーしています。

プロジェクターを選んだら、重要なプレゼンテーションで電球が切れたということのないように、交換用の電球を備えておきましょう。MyProjectorLamps(www.MPLAMPS.CO.JP) は、市場で最大の品ぞろえを取りそろえたマーケットです。どの機種を購入したとしても準備ができますので、今すぐに万一に備えましょう!

野外コンサートやイベントに最適なプロジェクター

コンサートやライブイベントでは、ステージ上やステージの周辺を大きく映して、大勢の人が見られるようにする画面が必要になります。観客の数が多く、予算の高いイベントの場合は、ステージから遠い人がステージのアクションと一体となるために、プロジェクターは特に重要な役割を果たします。

通常、そのような大きな画像を投影するにはプロジェクターを使用しますが、野外の大規模なコンサートでの使用にはそれなりの難しさがあります。正しい機能のある正しいプロジェクターを使用せず、良くない画質ではイベントの邪魔になってしまします。

こちらに野外コンサートの最中にビデオ投影をするために不可欠なプロジェクターをご紹介します。

明るさ‐これは絶対に不可欠です。屋外のコンサートでビデオを見たい場合に、天気がいつも味方してくれるとは限りません。ほとんどのイベントは昼間に始まり、太陽が沈んだ後に、プロジェクターがステージを囲む他の多くのライトに対応できるだけの明るさがなければなりません。通常、屋外のコンサートに使用するプロジェクターには、約20,000ルーメンが必要です。ほとんどの家庭用プロジェクターはこれに該当しません。

ポータビリティ‐屋外のコンサートがツアーなどではなく、一回限りの場合でも、準備で忙しい環境でプロジェクターを設定したり、動かしたり、撤去したりする必要があります。すべてのプロジェクターが移動に適しているわけではなく、一か所に配置して再び移動させることのない機種もありますので、これを考慮する必要があります。

耐久性‐もちろん、雨風からは保護するでしょうが、野外で移動させることを考慮すると耐久性の低いことで知られているモデルを購入することは避けるのが賢明です。


接続性‐移動や設定が容易なだけでなく、様々なデバイスの入力に対応するプロジェクターが必要です。特にツアーでは、場所によって設置場所や接続が異なる場合があります。したがって、プロジェクターが柔軟に適応できることが必要です。

屋外コンサート用のプロジェクターを使用する場合は、スペアランプや交換用ランプを用意することをお忘れなく。MyProjectorLamps (www.MPLAMPS.CO.JP)は、交換用電球を市場最大の品数取り揃えています。今すぐあなたのプロジェクターの交換用電球をお買い求めください!

高品質の画像を投影するトッププロジェクター

プロジェクターが他のほとんどの種類の画像や動画用ディスプレイに比べて明らかに優れている点は、投影できる画像のサイズが大きい点ですが、サイズがすべてというわけではありません。場合によっては、画像のサイズに応じて解像度を損なわないように、画質を強化する必要がある場合もあります。

プロの写真家やビジュアルアーティストの作品展示や、博物館やギャラリーの展示会などで使用できます。このような用途で使用する場合には、何よりも最高の画質が必要になりますので、どの機種ならそれが可能かを知る必要があります。

ここでは、高品質の画像であなたの作品を投影できるトッププロジェクターをご紹介します。

BENQ W2000

このBenQ W2000は優れたオールラウンドプロジェクタで、多機能ですが比較的手ごろな価格で販売されています。唯一高いスペックとは言い難いのは明るさで、2000ルーメンですが、暗い部屋で使用する場合は問題なく利用できます。暗い部屋でない場合は別の機種を探す必要があります。BenQ W2000は色の深みが素晴らしく、1080pの解像度を備えており、あなたのスライドショーを輝かせてくれるでしょう。

EPSON BRIGHTLINK 536WI

旧型のBrightlink 436Wiは優れたモデルでした。この新バージョンは旧モデルのすべての強みを維持しながら、3400ルーメンの明るさが加わり、上記のBenQと比較しても優れています。また、このプロジェクターは短焦点ですので、小さな部屋でも高画質で大型の画像で投影できる柔軟性があります。手ごろな価格のモデルですが、画質は優れています。

OPTOMA HD28DSE

このモデルは実際の画質そのものを投影するコンパクトなプロジェクターです。1080pの解像度と3000ルーメンの明るさを備えており、Darbee Visual Presence画像処理機能を備えているため、画像と動画の品質がほとんど4Kともいえるほどです。画像への調整が柔軟にでき、あなたが投影したいコンテンツを微調整することができます。

EPSON EH-TW9300

この機種はこれまで述べてきたほとんどのものより高価です。4Kフルプロジェクターほどではありませんが、スライドショーにはほぼ4Kのような画質を得ることができるといってもいいでしょう。4K Enhancedプロジェクターですので、1080pよりもはるかに優れた画像が投影できます。鮮明な画像と暖かい色が特徴です。価格から期待されるように、プレミアム機能を多く持っていますが、唯一の欠点と言えるのは、プロジェクター自体のサイズです。つまり、固定できる場所を探す必要があります。

プロジェクターの電球を交換する際は、MyProjectorLamps にお越しください!北米で最大の品ぞろえで、高品質の交換用ランプを低い手の届きやすい価格でご提供しています。ぜひ今すぐ予備の電球を用意しておきましょう!

menu Close Menu